伊豆半島でのE-BIKEサイクリングの利便性を高めるために、伊豆半島の観光施設運営事業者が結集して伊豆E-BIKE充電ネットワーク実証実験を設立しました。

E-BIKEサイクリストは、観光施設を利用中や昼食時(利用条件は観光施設により異なります)に、E-BIKEのバッテリーを充電することで起伏の多い伊豆半島をバッテリー残量を気にすることなく楽しむことが出来ます。ユーザーは、施設利用時に個人情報を提供しない簡単なアンケートに答えることでバッテリーを充電することが出来ます。

充電ステーションには、シマノSTEPS E8080に対応した充電器を2基設置。ボッシュやヤマハ、バーファンと言った他のドライブユニットを搭載したE-BIKEを使用している方もご自分の充電器を持ち込むことで充電することが出来ます。

5/25から、西伊豆を中心とした10拠点で運用を開始。9月ごろまでに25拠点を目処に施設を拡充して参ります。実証実験の期間は2018/5/25〜2019/5/25まで。